脊柱管狭窄症

施術

メディア

医師

勉強熱心な先生方への指導

先生への指導

来院~施術の流れ

写真は左右にスライドできます

①大きな看板

①大きな看板

道路沿いの大きな看板が目印です。

②駐車場へ

②駐車場へ

車を止めて玄関までお越しください。

③玄関へ

③玄関へ

自動ドアを開けて、お入り下さい。

④受付へ

④受付へ

受付で問診票に記入していただきます。

⑤問診票の記入

⑤問診票の記入

気になることなどを記入して下さい。

⑥問 診

⑥問 診

悩んでいることをお聞きします。

⑦施術内容の説明

⑦施術内容の説明

独自の施術、なごみ式整体の説明。

⑧検 査

⑧検 査

症状に応じての検査をおこないます。

⑨施 術

⑨施 術

身体の動き方やバランスを調整します。

⑩電気治療・リハビリ室

⑩電気治療・リハビリ室

電気治療や運動をおこないます。

こんなお悩みはありませんか?

脚がしびれています。

腰部脊柱管狭窄症は、間欠性跛行(かんけつせいはこう)を認めます。

  • 腰からお尻、足にかけての痛みとシビレがある
  • 少し歩いただけでも痛みやシビレが強くなる
  • 痛みが強い時、前かがみになり休むと楽になる
  • 病院で治療を受けているが、なかなか良くならない
  • 仕事や家事でも痛みやしびれが強く、つらい

どれか1つでも当てはまる方は、お任せください。

もう、大丈夫です!

当院には「脊柱管狭窄症」の症状でお悩みの方が、多く来院されています。

今まで1日で最高98人を施術しました。現在は予約制にして人数制限をし、より集中して施術しています。

「脊柱管狭窄症」の症状でお困りであれば、病院など・・・今まで受けてきた治療とは違ったごみ独自の整体法」でアプローチしていきます。

もう1人で悩まずに、気軽にご相談ください。悩みの改善のお手伝いをさせていただきます。

患者さんの笑顔と声は250人以上

脊柱管狭窄症で伸ばせなかった背中が伸びるようになりました!

お客様写真

1.今までのつらさをエピソードなどを入れて書いてください。

医者で脊柱管狭窄症と言われ、左足のしびれがあり痛くて、病院や整骨院など色々かかりました。

朝、顔を洗う時に右のほお辺りを触れるとピリピリする痛みも1年以上続いています。

 

2.ここに来て良かった事と同じように悩んでいる方へ励ましの言葉をお願いします。

・曲がっていた膝が伸びるようになった。

・曲がっていた背中が伸ばせるようになった。

・周囲の仲間にも変わったと言われた。

顔の神経痛の痛みが無くなった。

八長さん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症で通っています!

1.今までのつらさをエピソードなどを入れて書いてください。

病院で脊柱管狭窄症と言われました。長く通っていますが良くならないので来ました。

 

2.ここに来て良かった事と同じように悩んでいる方へ励ましの言葉をお願いします。

3回目で少し楽になってきました。治りづらいのは分かっているので頑張ります。

高橋さん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

背中を伸ばせるようになりました!

1.今までのつらさをエピソードなどを入れて書いてください。

少し歩くと太もも足に痛みが出て、休まないと動けませんでした。

 

2.ここに来て良かった事と同じように悩んでいる方へ励ましの言葉をお願いします。

背中を伸ばすことができなかったのが、伸ばせるようになりました。

清水さん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

スマホの方は、ここを押すと電話がかかります。

一般的な脊柱管狭窄症の対処法

一般的に病院などでは、

  • 痛み止め
  • 湿布
  • 注射
  • コルセット
  • 手術

などです。

痛みが強い場合は、手術をすすめられますが、手術をしても症状が改善できない場合もみられます。

 

では、どうすれば「脊柱管狭窄症」を改善できるのでしょうか?

不調の原因は何?

不調の原因の説明図です。

この4つのバランスがくずれることで、自律神経の乱れやコリ・痛み・シビレなどが起こります。

 

近隣の県や市町などで受けることのできない独自の『なごみ式整体』です

 

今まで、色々な整体・カイロプラクティック・療術‥など学び続けてきている中から応用して、患者さんの状態に合わせ、無理のない施術をしますので安心してお越し下さい。

当院の施術

①自律神経調整

①「ストレス・プレッシャーの遮断」 ②「呼吸の調整」 ③「頭蓋骨の調整」 ④「腹部の調整」などをおこなっている説明画像です。

自律神経の乱れの調整では、

①「ストレス・プレッシャーの遮断」

②「呼吸の調整」

③「頭蓋骨の調整」

④「腹部(内臓)の調整」

などをおこないます。

 

脳(潜在意識=無意識)に作用させるという「今まで受けたことのない施術」で、楽な状態を記憶させていきます

脳が安心して深くリラックスした状態になると、

  • 軽いトランスに入り、
  • ゆったりとした深い休息が得られ、
  • 自律神経のバランスが整い、
  • 心と体のエネルギーが満たされ、
  • 自然治癒力が高まっていきます。

軽く触れるだけの施術ですので、安心して気持ちいい感覚を味わってください。

 

日常生活においては、

  • 病気やケガのストレス
  • 職場での人間関係のストレス
  • 学校での人間関係のストレス
  • 家庭内でのストレス
  • 仕事のプレッシャー
  • 勉強のプレッシャー
  • 急な気温の変化
  • 悲しみ、不満、怒り

など、あなたが思っている以上に、深く身体に影響を及ぼしています

特に病気やケガは、心と体の両方にストレスを与えるため、強いストレス源になります。

②体のゆがみ調整

整体の施術

悪い姿勢を楽な姿勢に変えていく整体をおこなっています。

当院は、一般的な整体や整骨院とは違います。

広い個室で2台のベッドを使って

① 筋膜の調整

② 筋肉の調整

③ 骨格の調整

④ 関節の調整

など、他では受けることのできない独自の『なごみ式整体をおこなっています。

良好な血液の流れ

悪くなっていた血液・リンパの流れを改善し、健康な身体に変えていきます。

 

一般的な対症療法では

例えば、

腰や首が痛い場合、腰や首を押したり、もんだり、マッサージしたりしますが、

 

当院の施術では

オリジナルの検査法

オリジナルの技術力

加えて『根本的に変化させたい方へのお手伝い』をしています。

 

例えば、

首がまわらない、肩が上がらない場合

肘やアキレス腱(ふくらはぎ)などを使って変化させます。その他、手首を使ったり、を使ったり、など・・・を使い変化させます。

痛みが強く、座ったり、横になったりできない場合では、立ったままの状態でも変化させます

もちろん、座ったままの状態、横になった状態など‥、その時の楽な姿勢でも変化させます。

交通事故は、一般施術のほか、通院回数に応じて整体などを無料でおこないます。

心も体も楽になれるようお手伝いをしています。

5つの理由

スマホの方は、ここを押すと電話がかかります。

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症は、背骨の変形や椎間板の膨隆、靭帯が厚くなってしまったりしたため脊柱管が狭くなることをいいます。

狭窄によって神経が圧迫を受け神経の血流が低下してしまったためおこります。

脊柱管狭窄症の原因は?

脊柱管狭窄症は、加齢体の無理な使い方病気などによって変形した椎間板と背骨などによって神経が圧迫されておこります。

背骨や椎間板・関節・靭帯などに囲まれた脊髄神経が通るトンネルが脊柱管です。

脊柱管狭窄で起こる症状の間欠性跛行(かんけつせいはこう)

間欠性跛行とは、

歩行などで脚に負荷をかけると次第に脚の痛み・しびれ・冷えなどを感じてしまい、一時的に休息をとることにより症状が軽減してまた歩いたり運動ができるようになることです。

背骨を後ろに反らすことによって脊柱管が狭くなり、前に曲げると脊柱管が広がります。

脊柱管狭窄症の予防法

日常生活での姿勢には気をつけてください。

腰をまっすぐに伸ばそうとすると神経の圧迫が強くなります。

逆に、前かがみになると楽になります。

歩く時には、をついたりシルバーカーを押したりすると前かがみになり負担も軽く楽になります。

筋力を保つためには、自転車こぎもとり入れるといいです。

電話予約の流れ

はい、なごみ整骨院ですと応答しますので、必ず

ホ-ムペ-ジを見たとお話しください。

続いて、

お名前(フルネーム)

電話番号

症状

ご希望の日時(○月○日○時)

などをお伺いさせて頂きます。

スマホの方は、ここを押すと電話がかかります。