冷え性

医師推薦

メディア

こんなお悩みはありませんか?

冷え性で困っています。
  • 手や足が冷たい
  • 自律神経の乱れ
  • むくみ・だるさ・こり
  • 疲れやすい・体温が低い
  • お風呂に入っても温まらない

どれか1つでも当てはまる方は、お任せください。

もう、大丈夫です!

当院には「冷え性」の症状でお悩みの方が、多く来院されています。

今まで1日で最高98人を施術しました。現在は予約制にして人数制限をし、より集中して施術しています。

「冷え性」の症状でお困りであれば、病院など・・・今まで受けてきた治療とは違ったごみ独自の整体法」でアプローチしていきます。

もう1人で悩まずに、気軽にご相談ください。悩みの改善のお手伝いをさせていただきます。

勉強熱心な先生方への指導

先生への指導

来院~施術の流れ

写真は左右にスライドできます

①大きな看板

①大きな看板

道路沿いの大きな看板が目印です。

②駐車場へ

②駐車場へ

車を止めて玄関までお越しください。

③玄関へ

③玄関へ

自動ドアを開けて、お入り下さい。

④受付へ

④受付へ

受付で問診票に記入していただきます。

⑤問診票の記入

⑤問診票の記入

気になることなどを記入して下さい。

⑥問 診

⑥問 診

悩んでいることをお聞きします。

⑦施術内容の説明

⑦施術内容の説明

なごみ独自の施術の説明をします。

⑧検 査

⑧検 査

症状に応じての検査をおこないます。

⑨施 術

⑨施 術

身体の動き方やバランスを調整します。

⑩電気治療・リハビリ室

⑩電気治療・リハビリ室

電気治療や運動をおこないます。

患者さんの笑顔と声は250人以上

肩こりと冷え性が楽になっています!

1.今までのつらさをエピソードなどを入れて書いてください。

肩こり冷え性で悩んでいました。

 

2.ここに来て良かった事と同じように悩んでいる方へ励ましの言葉をお願いします。

毎回治療を受けたあとは、すごく楽になれます。

姿勢も前と比べると良くなりました。

藤井さん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

足の冷えとむくみで通っています!

1.今までのつらさをエピソードなどを入れて書いてください。

足の冷えむくみが長い間続いています。

 

2.ここに来て良かった事と同じように悩んでいる方へ励ましの言葉をお願いします。

足の冷えとむくみが、少しずつ変わってきています。

急に良くならないと思うので、治療を続けていきます。

市川さん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

腰の痛みと足の冷えで通っています!

1.今までのつらさをエピソードなどを入れて書いてください。

腰の痛みが強いのと足の冷えも気になっていたので来ました。

 

2.ここに来て良かった事と同じように悩んでいる方へ励ましの言葉をお願いします。

腰の痛みはだいぶ良くなりました。

足の冷えは、しばらく通って治していきたいと思います。

鈴木さん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

スマホの方は、ここを押すと電話がかかります。

一般的な冷え性の対処法は

一般的に病院などでは、

  • 漢方薬
  • 適度な運動
  • 入浴

などです。

どれも一時的な効果はありますが、なかなか急に変わっていかないのが現状です。

 

では、どうすれば「冷え性」を改善できるのでしょうか?

不調の原因は何?

不調の原因の説明図です。

この4つのバランスがくずれることで、自律神経の乱れやコリ・痛み・シビレなどが起こります。

 

近隣の県や市町などで受けることのできない独自の『なごみ式整体』です

 

今まで、色々な整体・カイロプラクティック・療術‥など学び続けてきている中から応用して、患者さんの状態に合わせ、無理のない施術をしますので安心してお越し下さい。

当院の施術

①自律神経の調整

①「ストレス・プレッシャーの遮断」 ②「呼吸の調整」 ③「頭蓋骨の調整」 ④「腹部の調整」などをおこなっている説明画像です。

自律神経の乱れの調整では、

①「ストレス・プレッシャーの遮断」

②「呼吸の調整」

③「頭蓋骨の調整」

④「腹部(内臓)の調整」

などをおこないます。

 

脳(潜在意識=無意識)に作用させるという「今まで受けたことのない施術」で、楽な状態を記憶させていきます

脳が安心して深くリラックスした状態になると、

  • 軽いトランスに入り、
  • ゆったりとした深い休息が得られ、
  • 自律神経のバランスが整い、
  • 心と体のエネルギーが満たされ、
  • 自然治癒力が高まっていきます。

軽く触れるだけの施術ですので、安心して気持ちいい感覚を味わってください。

 

日常生活においては、

  • 病気やケガのストレス
  • 職場での人間関係のストレス
  • 学校での人間関係のストレス
  • 家庭内でのストレス
  • 仕事のプレッシャー
  • 勉強のプレッシャー
  • 急な気温の変化
  • 悲しみ、不満、怒り

など、あなたが思っている以上に、深く身体に影響を及ぼしています

特に病気やケガは、心と体の両方にストレスを与えるため、強いストレス源になります。

②整 体

整体の施術

悪い姿勢を楽な姿勢に変えていく整体をおこなっています。

当院は、一般的な整体や整骨院とは違います。

広い個室で2台のベッドを使って

① 筋膜の調整

② 筋肉の調整

③ 骨格の調整

④ 関節の調整

など、他では受けることのできない独自の『なごみ式整体をおこなっています。

良好な血液の流れ

悪くなっていた血液・リンパの流れを改善し、健康な身体に変えていきます。

 

一般的な対症療法では

例えば、

腰や首が痛い場合、腰や首を押したり、もんだり、マッサージしたりしますが、

 

当院の施術では

オリジナルの検査法

オリジナルの技術力

加えて『根本的に変化させたい方へのお手伝い』をしています。

 

例えば、

首がまわらない、肩が上がらない場合

肘やアキレス腱(ふくらはぎ)などを使って変化させます。その他、手首を使ったり、を使ったり、など・・・を使い変化させます。

痛みが強く、座ったり、横になったりできない場合では、立ったままの状態でも変化させます

もちろん、座ったままの状態、横になった状態など‥、その時の楽な姿勢でも変化させます。

交通事故は、一般施術のほか、通院回数に応じて整体などを無料でおこないます。

心も体も楽になれるようお手伝いをしています。

5つの理由

スマホの方は、ここを押すと電話がかかります。

冷え性とは?

「冷え性」の説明画像です。

冷え性は、手や足などが温まらず、冷たく感じている状態で、血液の流れが悪くなり起こります。

人間は、通常では体温を一定に保つようにできています。

例えば、

寒さを感じたら、血管を収縮させ血液をあまり流さなくすることで皮膚表面の温度を低く保ち、熱が体外へ出ないようにします。

逆に、

暑さを感じたら、血管を拡張させて血液をたくさん流し皮膚表面の温度を上げて熱を体外に出します。

汗をかいて熱を逃したりします。

冷え性の原因は?

冷え性の原因は、

  • 気温の温度差
  • 食生活の不規則
  • ストレス
  • 女性ホルモンの乱れ

などです。

あなたはどのタイプですか?

①、②、③のどれが多いのか?

セルフチェックをしてみてください。

該当したら、1ポイントとします。

手足の状態は?

  1. 手も足も冷たい
  2. 足は冷たいが手は温かい
  3. 足も手も温かい

この項目に該当した場合のみ、2ポイント加えてください。

 

冷えやすいのは?

  1. 手と足の先
  2. 足の先やふくらはぎ
  3. 下腹部や二の腕

 

冷えた時の症状は?

  1. 頭痛や不眠
  2. 顔のほてり
  3. お腹の張りや腹痛

 

汗のかき方は?

  1. あまりかかない
  2. 上半身にかきやすい
  3. 全身にかきやすく冷えやすい

 

食事の量は?

  1. 少なめ
  2. 普通
  3. 多め

 

セルフチェックの結果

1.が多い場合、四股末端型です。

2.が多い場合、下半身型です。

3.が多い場合、内蔵型です。

 

また、1.が多く、体温が常に低い場合は、全身型です。

 

※ポイント数が同じ場合、混合型の可能性もあります。

四肢末端型

  1. 手足やその末端が冷える
  2. 寒い場所では手足の先から冷えやすい
  3. 冷えと同時に肩こりや頭痛を起こしやすい

食事の量が少ない

運動不足

などの生活習慣によって交感神経が過剰に働き、手先や足先の血管が収縮して起こる。

 

改善策としては

食事量の不足が原因の場合が多いため、しっかりと食事から栄養を摂り、熱を生む体にしていくことが大切です。

厚着をしたり、カイロなどで外側から体を温めても、一時的にしか冷えは改善しません。

 

医師から食事制限を受けていない場合は、過激なダイエットなどはおこなわず、タンパク質を積極的に摂って熱を生む体にしてください。

 

下半身型

  1. 手は温かいが、足は冷たい
  2. 上半身に汗をかきやすい
  3. 寒い場所ではふくらはぎや足先が冷えやすい

お尻やふくらはぎの筋肉のこりによる血行不良が原因で、腰から下半身が冷えてしまいます。

 

改善策としては

長い時間、座ったままの状態の方は、お尻の筋肉が固くなってしまいます。

時々、お尻の筋肉を使う運動やストレッチをして血流を改善させてください。

内蔵型

  1. 厚着をしていても体の冷えを感じる
  2. 手足や体の表面は温かいが、お腹が冷えやすい
  3. 寒い場所では下腹部・太もも・二の腕などが冷えやすい
  4. お腹が冷えやすい
  5. 冷えと同時にお腹の張りもある

主に、交感神経の働きが弱いことで起こり、お腹を下したりしてしまいます。

 

改善策としては

厚着をしない

白湯を飲む習慣をつける。(40~50℃)

全身型

  1. 慢性的な全身のだるさがあり、そのまま放っておくと身体の機能低下にもつながるため注意する。
  2. 常に冷えを感じているため、冷えの自覚症状があまりない

生活習慣の悪化

ストレス

などによって、基礎代謝の低下が原因となって起こる。

 

改善策としては

十分な睡眠をとる。(夜型の生活や徹夜はしない)

食事の量を増やし、しっかりと熱を生む体にしていく。

重ね着などで体の内外から保温をする。

電話予約の流れ

はい、なごみ整骨院ですと応答しますので、必ず

ホ-ムペ-ジを見たとお話しください。

続いて、

お名前(フルネーム)

電話番号

症状

ご希望の日時(○月○日○時)

などをお伺いさせて頂きます。

スマホの方は、ここを押すと電話がかかります。

冷え性に関する関連記事