過眠症について!

【足利 なごみ整骨院】は、「笑顔と喜びの声240人以上で地域No.1」です。 「医師も推薦し通う整体」です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ 延べ30万人以上の施術実績です。 20時まで施術。「自律神経の乱れの調整」「からだのゆがみの調整」「交通事故の施術は無料」など、おこなっています。

「過眠症」の説明画像です。

過眠症とは?

睡眠時間がある程度とれているのにもかかわらず、

「なぜか、眠くて眠くてどうしようもない」状態のことをいいます。

過眠症は寝不足が原因というわけでもない!

夜に長時間、睡眠が繰り返されるのも特徴です。

昼間の仕事中や食事中・相手と話しているときなども繰り返し居眠り状態になってしまいます。

車を運転中の眠気は?

特に、車を運転することが多い方は、睡魔におそわれて交通事故を起こしてしまう危険がありますので注意が必要です。

過眠症の症状は?

脳内の変化が主に起こるものは

 

①ナルコレプシー

昼間の居眠りを我慢することができません。

カタプレキシーを伴っていることもあります。

カタプレキシーは、情動脱力発作ともいい、起こったり・笑ったり・驚いたりすると体の力が抜けてしまいます。

 

②突発性過眠症(とっぱつせいかみんしょう)

10時間以上の睡眠時間をとります。

短い睡眠時間では返って眠気が起こってしまい、無理に起こそうとするとひどく寝ぼけてしまいます。

 

③反復性過眠症(はんぷくせいかみんしょう)

3日から3週間くらい強い眠気に誘われウトウトしまいます。

自然に回復しますが、また繰り返し起こります。

 

睡眠が質的に不足すると

①睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)

睡眠中に呼吸が不規則になったり、イビキを良くかきます。

起床時にのどが渇いたり、頭痛がしたりします。

過眠症の改善対策は?

<自分でできる対策>

生活習慣を改善することが大切です。

 

<周りの人の協力>

仕事場などで、10分~30分の昼寝などによってうまく睡眠のコントロールをしていく。

「ナルコレプシー」の場合は、根本的な治療方法が見つかっていないので専門の医療機関に相談してください。

過眠症の眠気診断チェック!

各項目をチェックして点数をつけて合計の得点を出してください。

それぞれの問いに対して眠気の度合いの点数をつけてください。

・絶対にない=0点

・時々ある =1点

・よくある =2点

・いつもある=3点

 

①テレビをみている時

②座って本を読んでいる時

③会議など大勢の人がいる中で座っている時

④1時間くらい車に休憩なしで載せてもらっている時

⑤座って人と話している時

⑥昼食後静かに座っている時

⑦午後、横になって休んでいる時

⑧車を運転中、信号待ちなどで2~3分停車している時

 

合計11点の場合、病気が原因である可能性があります。

【足利 なごみ整骨院】の「整体の詳細」は、ここを押してご覧ください。

【足利 なごみ整骨院】の「交通事故の施術の詳細」は、ここを押してご覧ください。

【足利 なごみ整骨院】の「自律神経調整の詳細」は、ここを押してご覧ください。