立ちくらみについて!

【足利 なごみ整骨院】は、あなたが笑顔になるお手伝いをしています。

「立ちくらみ」の説明画像です。

立ちくらみとは?

急に立ち上がった時に起こる軽いめまいやふらつきのことをいいます。

「起立性低血圧」の症状の一つで脳の血流や血液の量が減って酸素が不足した状態(脳貧血)で起こるものです。

 

重力が地球にはあるため血液はもともと下半身にたまりやすくなっています。

長い時間、体を動かさない状態を続けることによって脳貧血の状態を余計に作り出しやすくなります。

 

立ちくらみは、

・椅子から立ち上がる時

・横になって寝ていて起き上がる時

におこります。

立ちくらみの原因は?

●食欲不振

3食きちんととることが理想的ですが、食欲不振の時は水分を摂取するだけでも血管や脳に酸素を行きわたらせることができるため水分補給はしっかりとしておいてください。

 

●ストレス

精神的なストレスを感じると交感神経が優位になって、筋肉が硬く緊張してしまいます。

そういう状態になると、脳に酸素や血液が行きにくくなってしまうため立ちくらみを起こしてしまいます。

 

●血圧

低血圧の場合、

心臓から血液を送り出すポンプの力が弱いため、立ち上がった時に脳内の血液が低下して立ちくらみを起こします。

酸素や栄養素を運ぶ血液が体のすみずみまで届くのに時間がかかるため、目覚めが悪かったり、食欲がなかったり力が出せなくなります。

 

●筋力不足

普通の状態だと脚の筋肉がポンプのように働いて静脈血を上半身に送り出しています。

その働きが弱くなると血液は上半身へ押し戻せなくなり下半身に溜まってしまいます。

そうなると、上半身は血液不足になり立ちくらみが起こってしまいます。

立ちくらみを伴う病気は?

●脳梗塞

前兆として、「立ちくらみ」「目眩(めまい)」を起こします。

原因は、

脳の血管が詰まることで血液が滞ってしまいます。

小脳梗塞や病気の初期の段階だと目眩(めまい)そのものも軽いためすぐに改善してしまうケースもあるため注意が必要です。

 

●自律神経失調症

原因は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるため起こります。

体の色々なところに影響を及ぼします。

症状は、

・体がだるい

・食欲がない

・めまい

・立ちくらみ

などです。

 

そのほか、

・動悸(どうき)

・頭痛

・のぼせ

・吐き気

・胃もたれ

・便秘

・下痢

などから病気が発覚することもあります。

 

●事故

立ちくらみや目眩(めまい)のため転倒してしまい、骨折など二次的なケガをすることもあります。

対処法としては、

・あわてて急に動かさないこと

・ベルトやボタンなど衣服を緩めリラックスさせる

【足利 なごみ整骨院】の「整体の詳細」は、ここを押してご覧ください。

【足利 なごみ整骨院】の「交通事故の施術の詳細」は、ここを押してご覧ください。

【足利 なごみ整骨院】の「自律神経調整の詳細」は、ここを押してご覧ください。