精神のバランス・不眠など身体の機能をセロトニンがコントロールしています!

セロトニンとは

セロトニンとは、人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質のことです。

幸せ物質セロトニンを増やしましょう。

ノルアドレナリンドーパミンと並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。

セロトニンの特徴

セロトニンの特徴は、

 セロトニンが不足すると精神のバランスがくずれやすくなります。

 

● 気分を安定させるには、セロトニンが非常に重要です。

 

 セロトニンは、血圧・体温・消化・痛みの間隔など、多くの身体的な機能のコントロールをしています。

 

 セロトニンは、メラトニンの原料となるため、気分だけでなく、夜に眠り、朝に目覚めるという1日のサイクルにも影響を及ぼします。

 

きちんと分泌されていれば、心地よさ、落ち着き、満足感などを感じることができます。

セラトニンの存在分布

 小腸       約90%

 脳内の中枢神経  約 2%

この2%が人間の精神に影響を与えていると言われている。

三大神経伝達物質

三大神経伝達物質は、

 セロトニン

ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑えて、心のバランスを整える物質。

 

 ノルアドレナリン

神経を興奮させる神経伝達物質。

 

 ドーパミン

快感を増幅する神経伝達物質。

セロトニンと心の三原色

人の心を動かす2つの要素

● ノルアドレナリン=嫌い、不快、罰という感情

● ドーパミン    =好き、快、報酬という感情

この2つに対して抑制するのがセロトニンです。

いつも情緒不安定な人、興奮気味な人はセロトニンが不足している可能性があります。

セロトニンの不足度チェック

セロトニンの不足度チェックです。

  • 日光を浴びることが少ない
  • 朝出かける直前まで寝ている
  • 昼と夜が逆転の生活
  • 固い物をあまり食べない
  • 階段はあまり使わない
  • 30分以上続けて歩けない
  • 運動不足
  • デスクワークが多い
  • 朝食をとらない
  • 魚より肉ばかり食べる
  • ダイエットのため食事制限
  • ご飯やパンをあまり食べない

チェック数で確認してください。

0 ~ 3  活発
4 ~ 6  標準的
7 ~ 9  減少
10 以上  非常に不足

セロトニン不足の原因と対策

チェックをつけた項目から対策を考えます。

 

1~3項目  日光不足タイプ

就寝時、セロトニン神経はほとんど分泌が行なわれません。 朝起きると分泌が始まります。

朝起きてすぐに日光を浴びることでセロトニンが活性化して、1日の良いスタートをきることができます。

 

4~8項目  運動不足タイプ

普段から階段を利用するなどして、一定のリズムで同じ動作を繰り返す「リズム運動の歩行」「呼吸」などを生活の中に取り入れて、セロトニンを活性化させてください。

 

9~12項目  原料不足タイプ

セロトニンを作る原料は、乳製品などに含まれているトリプトファンという物質です。

炭水化物はトリプトファンが脳内に取り込まれるのを助ける役割をしています。

良い食生活をすることは、セロトニンを活性化させる基本です。

【足利 なごみ整骨院】の「整体の詳細」は、ここを押してご覧ください。

【足利 なごみ整骨院】の「交通事故の施術の詳細」は、ここを押してご覧ください。

【足利 なごみ整骨院】の「自律神経調整の詳細」は、ここを押してご覧ください。