交感神経が優位の時の体への影響について!

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

「整体と交通事故治療」が専門の栃木県足利市【なごみ整骨院】です。

自律神経は全身を調整しているため、乱れるとからだ全体に影響を及ぼしてしまいます。

交感神経が優位の時の血管について

ストレスなどで交感神経が優位に働いた状態が長く続いた場合、いろいろな症状が出てきます。

自律神経は全身の血管に張りめぐらされているため、交感神経が優位に働くと血管が収縮します。

そうなると、心臓から遠いところには血液が流れにくくなってしまいます。

血液が流れにくくなることによって、栄養素や酸素が行き届かなくなり、老廃物と二酸化炭素を回収することができにくくなってしまいます。

いわゆる新陳代謝が悪い状態になります。

交感神経が優位の体になると、痛みがとれにくかったり、強く痛みを感じるようになってしまいます。

副交感神経を優位にするためには…

副交感神経が優位になるように、

・ゆっくりと入浴

・ストレッチ

・深呼吸

などをおこなってください。