季節性うつは気分が落ち込んで自律神経が乱れます!

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

季節性うつとは

季節性うつは、季節の変わり目に起こりやすくなります。

特に秋は、気候や街の景色に変化が出てきて、何となく気分が落ち込んでいきます。

その憂鬱(ゆううつ)な気分が慢性化してしまい、心の病にかかってしまう人もいます。

季節性うつの症状

季節性うつ病は、脳機能障害の一種で、

・倦怠感(けんたいかん)

・気力の低下

などの症状があらわれます。

 

長い時間眠っていても睡眠不足を感じてしまい、さらに眠ってしまう過眠や甘いものや炭水化物に偏り食べ過ぎる過食などを伴う場合もあります。

 

季節性うつの原因

脳内におけるセロトニン トランスポーターと呼ばれるたんぱく質の量が、日照時間の減少により著しく変動してしまいます。

「セロトニン トランスポーター」は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンを回収することで、神経伝達を調整しています。

「セロトニン トランスポーター」レベルが上昇して、セロトニンの量が不足することが、うつ病の一因になっています。

 

セロトニンは、日中に太陽の光を浴びることで作られ、メラトニン(脳から分泌される睡眠ホルモン)の原料となります。

メラトニンには、

睡眠や覚醒(かくせい)のリズム

季節のリズム

ホルモン分泌のリズム

を調整する作用があり、不足した場合は、不調をきたします。

 

うつ病の発生率と日照時間との関連

日照時間の短い地域では、うつ病の発生率が高くなります

発生率が高い季節は、秋から冬にかけてです。

 

発症率が高い地域は、日照時間の短い日本海側です。

日光が当たりにくい部屋に住んでいる

夜勤などで日光を浴びる機会が少ない

などの方は、季節にかかわりなく不調になる危険性があるため注意が必要です。

 

陽気は、太陽のエネルギーを受けて体内で作られます。

「陽」と「気」のエネルギー循環の回復を図ることによって「季節性うつ」とうまく付き合うことができます。

予防と治療法

規則正しく午前中に起床して、太陽の光を浴びてください。

秋からは、通勤時間などを利用して積極的に朝の光を浴びてください。

短い時間でいいので外出して太陽の光を浴びてください。

 

秋への移り変わりでは、少しずつ気温が下がって自覚しにくい場合があります。

気が付かないうちに体が冷え過ぎてしまい、症状が悪化してしまう場合もあります。

薄着を控えて、腹巻靴下などをして冷えの対策をしましょう。

 

緩和するための対処法

①ウオーキング

太陽の光を浴びて歩くだけでも、ドーパミン(気分を制御する神経伝達物質)が分泌されます。

気分が落ち込んだ時などは、積極的に歩いてみましょう。

 

②日光浴

日光浴をすることが大切です。

また、ライトボックス(ブライトライト)という太陽の光を補うためのライトを使うことで、乱れたホルモンのレベルを整えられます。

 

③セロトニン

季節性うつに限らず、うつの原因と指摘されるのが「セロトニン」の不足です。

セロトニンを食事で増やす方法もあります。

サバ

アジ

など、青魚をとるようにしてください。

青魚の油脂には、DHAなどの抗うつ効果のある物質が多く含まれているため、うつ症状の改善に役立ちます。

サンマ

サケ

ハモ

しめじ

まいたけ

かぼちゃ

にんじん

なども、セロトニンの生成に役立ちます。

 

④ストレス

ストレスを溜めないことが大切です。

自分なりのリラックス法をみつける

趣味を持つ

など、探してみてください。

 

整体の詳細をご覧ください。

交通事故治療の詳細をご覧ください。

自律神経調整の詳細をご覧ください。