あせも

【足利 なごみ整骨院】は、「笑顔と喜びの声250人以上で地域No.1」です。 「医師も推薦し通う整体」です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ 延べ30万人以上の施術実績です。 20時まで施術。「自律神経の乱れの調整」「からだのゆがみの調整」「交通事故の施術は無料」など、おこなっています。

「あせも」の説明画像です。

あせもとは

あせもは、汗疹(かんしん)とも言います。

管の詰(つ)まっている部分の深さによって、3つに分かれます。

 

①水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

1~3ミリくらいの水泡ができます。

かゆみや痛みはなく、透明な膜で覆(おお)われた水泡(すいほう)です。

自然に治ってしまうことも多くあります。

 

②紅色汗疹

痛みを感じることもあり、かゆみを伴う赤いぶつぶつができます。

最も多いタイプで、汗をかくと患部がピリピリすることもあります。

 

③深在性汗疹

日本では、あまり見られません。

扁平の隆起したぶつぶつが特徴です。

あせもになりやすい部位

あせもになりやすい部位は、

  • わきの下
  • ひじの内側
  • 膝の裏側
  • 衣類や肌同士でこすれやすい部位

などです。

 

水晶様汗疹や軽度の紅色汗疹は、かかずに肌を清潔に保っていれば数日で自然に治ってしまうことが多い。

※かゆみがひどい時や長く続く時は医師の診察を受けてください。

あせもの原因

あせもの原因は、あせの処理ができなくなった汗管(かんかん=汗の発生源の汗腺と汗の出口の汗口とを結ぶ部分)の詰まりです。

 

①多汗

多量にあせをかき汗管が詰まると、肌の表面に流れ出なくなったあせは、皮膚の内部に染み出して周りの組織あふれ出てしまいます。

周辺の組織は、あせを処理するようにはできていないため、皮膚の内部で炎症を起こして、かゆみや湿疹(しっしん)を引き起こしてしまいます。

 

②汗腺の密度の高さ

実際に機能している汗腺の数は、大人も子供も変わりません。

そのため、表面積が大人より小さい子供は集中的に汗をかきます。

 

③高温多湿による蒸(む)れ

ひじ裏

ひざ裏

頭皮

などは、蒸れやすいため、汗がスムーズに流れ出すことができず、汗管が詰まりあせもができてしまいます。

 

④皮脂の量の多さ

皮脂の量が多いと汗腺に脂汚れが詰まる原因になります。

必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、肌にダメージがかかり肌に必要な常在菌(じょうざいきん)が減ってしまい、肌を守るバリアの機能が低下してしまうので注意が必要です。

あせもの予防策

あせもの予防策としては、

正しい洗浄保湿必要です。

 

①肌に優しい石鹸(せっけん)で泡立てて手でやさしく洗う

石鹸は、弱アルカリ性ですが水で洗い流すと皮膚の表面は中性近くにまでなります。

その後、皮脂の分泌により数時間で弱酸性となって、それに伴い善玉菌も繁殖を回復していきます。

 

②肌に残るあせの性質が変わる前の処置

シャワーなどの石鹸での洗浄が望ましいが、できない場合は、濡れたタオルできれいにふき取ってください。

健康な皮膚の表面は、弱酸性です

弱酸性で善玉菌(表皮ブドウ球菌など)が、肌の表面を健康に保っています。

本来、あせも弱酸性で皮膚の健康を助けますが、時間とともにアルカリ性に変化していきます。

変化してしまうと、善玉に代わって黄色ブドウ球菌(化膿性の悪玉)が増え始めてあせもが重症化してしまいます。

 

③日焼けした部位の保湿ケア

紫外線を浴びた部位は、皮膚の角質層バリアが傷みやすくなります。

角質層が荒くなってしまうと、一度出たあせが乾燥しないで浸(し)み込んだ状態となり、あせや雑菌が皮膚の深部に侵入し炎症が起こりやすくなります。

冬場もカサカサに悩む方

あせもができる部位が、冬場にもカサカサしたり、乾燥したりする場合もあります。

関節の曲げる部位や衣服との摩擦(まさつ)が多い部位は、表皮の角質層のバリアが傷みやすいため、夏の間も保湿ケアをしっかりとおこなっておいてください。

あせもと汗荒れの違い

汗荒れは、炎症が皮膚の表面で起こります。

あせもは、肌の内側で起こります。

 

【あせも】

あせをかいた時にふやけた角質層などが原因で、汗腺がふさがり炎症を起こしたもの。

 

【汗荒れ】

  • 背中

など、皮膚と服が密着しているところに起こりやすく、季節を問わず誰にでもなる可能性があります。

乾燥した皮膚があせの塩分やアンモニアなどによって刺激されて、かぶれてしまう状態のことで主症状はかゆみです。

 

そのほかにも、

  • ヒリヒリ
  • 赤くなる
  • 細かい湿疹

ができたりします。

汗荒れの対策

汗荒れの対策としては、

  • 汗をふきとる
  • 汗をかいたらシャワーを浴びる
  • 保湿ケアを忘れない
  • 紫外線を避ける
  • 通気性の良い服装

などがあります。