眼精疲労

【足利 なごみ整骨院】は、「笑顔と喜びの声250人以上で地域No.1」です。 「医師も推薦し通う整体」です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ 延べ30万人以上の施術実績です。 20時まで施術。「自律神経の乱れの調整」「からだのゆがみの調整」「交通事故の施術は無料」など、おこなっています。

「眼精疲労」の画像です。

眼精疲労とは?

スマートフォンやパソコンなどで目を使い過ぎることで起こります。

普段の生活で意識的に目のケアを心がけている人は少ないようです。

 

眼精疲労の症状は?

症状としては、

 

・老眼のような目の症状

・ドライアイ(乾燥)

 

を引き起こします。

 

このような症状を起こさないために普段から十分に目を休ませておくことが大切です。

 

眼精疲労の予防法は?

目の疲れの予防には、スマートフォンやパソコンを30~40cmくらい離して操作してください。

また、意識的にまばたきの回数を増やしたり、遠くを時々見る習慣をつけておきましょう。

少し温かい程度のお湯で温めたタオルを目の上に置いておくと、血行が良くなるため疲労の回復効果があります。

 

眼精疲労を長引かせる原因は?

長引かせる原因は、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCが不足することですのでそれらを多くとるようにしてください。

 

眼精疲労時のビタミンAとビタミンCの効果は?

ビタミンAとビタミンCは、目の粘膜(ねんまく)をうるおし網膜(もうまく)を健康に保つ効果があります。

 

ビタミンAは、緑黄色野菜やチーズに含まれています。

脂溶性(しようせい)のため油脂類といっしょに食べると吸収力がアップしますので、炒め物がおすすめです。

 

ビタミンCは、果物や野菜に多く含まれています。

 

眼精疲労時のビタミンB群の効果は?

ビタミンB群は、視神経の働きを高めます。

また、肉・魚・豆類に多く含まれています。