慢性腎臓病

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

生活習慣の改善

慢性腎臓病(CKD)の患者は、近年増加傾向にあり新たな国民病ともいわれています。

 

発症には、高血圧や糖尿病に加えて生活習慣などが影響しています。

・喫煙

・食べ過ぎ

・飲み過ぎ

を控えて、適度な運動をするなど生活習慣を改善することで慢性腎臓病の発症や進行を防ぐことができます。

 

進行すると、

・むくみ

・夜間尿

・貧血

・けん怠感

・息切れ

などの症状が現れることがあります。

 

これらの症状を自覚した時には、慢性腎臓病がかなり進行してしまっている場合があります。

体調の変化に気をつけているだけでは、早期発見は難しいため定期的に健康診断をしてください。

血圧や尿の検査を受けることで早期発見につながります。

 

慢性腎臓病の予防法

慢性腎臓病の予防や悪化防止のためには、塩分のとり過ぎに注意をしてください。

 

健康な成人の場合、1日の塩分摂取量の目標は、

・男性 8g未満

・女性 7g未満

 

調理する時に塩分を使わなくても

・海藻

・魚介類

・野菜

などの天然の食材には、塩分が含まれているため必要量は摂取できます。

 

日本人は、

・しょうゆ

・ソース

・マヨネーズ

・ドレッシング

などを主観的に使っているため塩分をとり過ぎる傾向があります。

 

塩分のとり過ぎを防ぐためには

・サラダにポン酢

・焼き魚にレモン

などを組み合わせて工夫してみてください。

 

また、塩分を排出する食品

・じゃがいも

・ほうれん草

をとることもおすすめです。