筋肉痛

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

筋肉痛は疲労物質の蓄積?

・ハードな運動をおこなえばおこなうほど、筋肉の中には乳酸などの疲労物質が溜まってくると解明されていましたが、乳酸はエネルギー源として体内で再利用されるため現在では乳酸だけが筋肉痛の原因であるとは考えにくいと言われています。

 

・溜まった疲労物質が痛みを起こすというのが、筋肉痛の発生原因の一つだといわれています。

 

・運動直後に疲労物質が最も増加しているため、運動直後に起こる筋肉の痛み(即時性筋肉痛)は主にこれが原因だと考えられています。

 

筋肉痛は筋肉の損傷?

・筋肉は、大きな力で収縮を繰り返すと、小さな断裂を起こすことがあります。

 

・筋肉の中には、結合組織という伸びたり縮んだりしない部分があり、曲げたり伸ばしたりすることで筋肉の線維(筋線維)やその周辺の組織が傷ついてしまうといわれています。

 

筋肉痛は修復時の炎症?

・傷ついてボロボロになった筋肉の線維(筋線維)は、一度分解されてからその部分に新しい筋線維が合成されるという反応が起こります。

 

・筋肉が一度分解されることによって起こる痛みが、遅れて発生する筋肉痛の原因の一つだというのも有力な説です。

 

筋肉痛をともなう疾患は?

<肉離れ>

・急に走り出した時など、筋肉の限界を超えて引っ張られた時に筋肉の一部分が断裂してしまい損傷を起こします。

 

・筋肉の一部が出血して腫れと皮膚の下に紫色のあざが見られます。

 

<こむらがえり>

・太ももやふくらはぎ、土踏まずの筋肉が引きつり痙攣(けいれん)を起こし強い痛みがあらわれます。

 

・筋肉の血行が悪くなると起こりやすくなります。

脚(あし)が疲れていたり、冷たい水につかっていた時などに起こります。

 

・ミネラルバランスの崩れによっても起こりやすいと考えられています。

 

・睡眠中に起こるこむらがえりでは、起床後、筋肉痛が残ることがあります。

 

<気管支炎>

・ウイルスの感染によって発生する気管支炎は、咳で苦しくなったり、のどの痛みが強くなったりします。

・咳がひどく腹部の筋肉に負担がかかり過ぎると筋肉痛になります。

・風邪と似た症状ががでます。(発熱、咳、頭痛など)

 

 

<インフルエンザ>

インフルエンザウイルスによる影響で、高熱や頭痛などの症状のほかに全身の筋肉痛があらわれます。

 

筋肉痛の対処法は?

・血行を良くする

38°~40°くらいのぬるま湯にゆったりとつかってから、ストレッチなどをおこなう。

・軽めの運動をする

有酸素運動をおこなう。

・ウオーキング

・軽めのランニングなど

 

・痛みが強い場合は、アイシングをする

15分~20分程度冷やす。

 

筋肉痛の予防法は?

・運動前にしっかりとウオーミングアップをおこなう。

 

・運動の後は、軽いランニングをしてクールダウンして血液の循環を急激に落とさない。

 

・運動の後で、筋肉の痛みが出ていない時は温めるようにすると、筋肉組織の循環が良くなり痛みにくくなる。

 

・損傷した筋肉の修復には、たんぱく質を補給する。

 

・代謝を良くして疲労回復効果のあるビタミンB群や体の調子を整える働きがあるミネラルを含む食品を摂取すると良い。

 

<ビタミンB群やミネラルを多く含む食品>

玄米、豚肉、たまご、うなぎ、レバー、豆類、緑黄色野菜など