ファスティング

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

ファスティングとは

ファスティングとは、断食療法」や「絶食療法」のことを言います。

 

秋になると食欲が増して、食べ過ぎになる傾向があります。

食べ過ぎてしまうと胃がいつも働いていることになり健康的には良くありません。

意を休めるための方法としてファスティングがあります。

精神鍛錬の方法

精神鍛錬の方法としては、

 

自らの精神力や集中力を向上させます。

スポーツジムで肉体と精神力を鍛えるような感覚です。

意識を抑制したり規制したりします。

ストレスの解消。

病気の予防。

などがあります。

ファスティングの効果

ファスティングの効果としては、

 

①メンタルの改善

食事をとらないことで、体のブドウ糖(脳の栄養素)が不足すると肝臓の脂肪酸をケトン体に変えて脳の栄養分にしようとします。

脳がケトン体で満たされるとα(アルファ)波が大量に発生します。

そのため、リラックス効果が期待できます。

 

②胃を休ませることができる

胃を休ませることで、老廃物を外に出す時間がとれる。

エネルギーの不足状態を一時的に作ることにより、健康的に脂肪を燃焼させることができます。

 

③デトックス効果や体脂肪を減らす効果

食事をとらなければ、エネルギーは体内にある脂肪を使うしかなくなるため脂肪が燃焼される。

その結果、死亡に蓄積されていた有害物質も体の外へ排出される。

 

④味覚の変化

普段、濃い味付けや化学調味料などを使うことによって味覚が麻痺している場合、固形物を数日間とらないことで味覚はリセットされます。

その結果、素材そのものの味を感じることができるようになります。

ファスティングの方法

ファスティングの方法としては、

 

<1日目>

朝食は、いつもの80%位にする。

昼食は、いつもの60%位にする。

夕食は、いつもの50%位にする。

 

少しずつ食を減らします。

油ものと糖分を控え、動物性食品は避けてください。

 

<2日目>

リンゴジュースやキノコのスープなど体に負担のかからない飲み物を選んで、好きな時に好きなだけ飲んでください。

飲み物をとるだけなので、食べないというストレスを感じている分、リラックスを心がけてください。

 

<3日目>

最も大事な復食日です。

いきなり食べ過ぎないように注意してください。

少しずつ食べる量を増やして元に戻していってください。

 

朝は、白湯か水にしてください。

昼は、消化にやさしいものをお茶碗に1膳くらいにしてください。

夜は、野菜を中心とした料理にしてください。

ファスティングの注意点

ファスティングの注意点は、

 

①水分の補給は十分におこなってください

代謝も良くなり、体内の毒素が体外に排泄されやすくなります。

ミネラルウオーターなどの良質な飲料水を十分にとってください。

 

②塩分をとる

水分と同様に塩分も不足がちになります。

味噌や塩分をなめたり、昆布をくわえたりするのもおすすめです。

 

③ファスティングの前後の注意点

ファスティング前は、

町内に消化不良の食べ物が残り、代謝が上がりにくくなるため前日からの食事をコントロールしてください。

 

ファスティング後は、

すぐに通常の食事に戻してしまうと胃に負担がかかるため、腸を徐々に働かせるメニューにしてください。

 

すりおろしたジュース、生野菜、果物など。

過食や偏食をしてしまうと、代謝が悪くなってしまい、太りやすい体になってしまうので気をつけてください。

 

<ファスティングをしてはいけない人>

心臓や胃など、内臓に障害のある人

持病のある人

体調不良のある人