お腹が鳴る原因

【足利 なごみ整骨院】は、「笑顔と喜びの声250人以上で地域No.1」です。 「医師も推薦し通う整体」です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ 延べ30万人以上の施術実績です。 20時まで施術。「自律神経の乱れの調整」「からだのゆがみの調整」「交通事故の施術は無料」など、おこなっています。

「お腹が鳴る原因」の画像です。

お腹が鳴る原因の空腹期収縮とは?

<お腹がすいた時になる原因>

胃や腸などの消化器官では、食べたものを次の場所へ送り出すために筋肉の収縮運動をおこないます。

蠕動(ぜんどう)運動によって、胃に入ってきた食物は小腸へと送られていきます。

 

小腸に送られた食物は、モチリンというホルモンが十二指腸から胃に分泌され胃壁がリングのような状態になり収縮します。

入口から出口に向かって空気が波打つように移動して、胃は次の消化に備えて運動を開始します。

この時に、胃は空っぽの状態になっているので唾液などと一緒に入ってきた空気が動かされてグルグルと音が出ます。

お腹が鳴る原因の腹部膨満感とは?

<お腹がすいていないのになる原因の一つ>

お腹がいっぱい(満腹感)の状態とは違って、お腹が張ったような感じや圧迫されて苦しく感じたりする状態をいいます。

 

  • お腹が張ったような感じで苦しい
  • あまり食べていないのにお腹がいっぱいな感じになる
  • お腹にガスがたまっている感じがする
  • ゲップをすると少し楽になる
  • お腹がゴロゴロと鳴る

お腹が鳴る原因と症例

<満腹状態>

食べたものが消化されたあと腸に入る時にガスが発生してお腹が鳴ります。

 

<早食い>

早く食べるため空気も一緒に飲み込んでしまい、胃腸に留まるため腹部が膨満感になります。

 

<暴飲暴食>

食べ物の過剰な摂取によって消化する時間が長くかかるため、むかつきや膨満感の原因になります。

 

<刺激の強い食べ物>

  • 熱すぎる
  • 冷たすぎる
  • 辛すぎる

胃腸への負担が大きく負担になるため、働きが活発になり音が鳴ります。

 

<おしゃべり>

食事中におしゃべりし過ぎるため、空気をたくさん飲み込んで溜まるため早食いと同じ状態になります。

 

<便 秘>

便秘が続いてしまうと腸内にガスが溜まってしまい膨満感の原因になります。

 

<ガスを発生させる食品の過剰摂取>

でんぷん質の食品

米、イモ、パン

 

あくの強い食品

ごぼう

 

その他

炭酸飲料、ラーメン、甘いお菓子、豚肉など

 

<呑気症>

ストレスや不安などで空気を多量に飲み込むとお腹が鳴りやすくなります。

呑気症(どんきしょう)

お腹が鳴って下痢も起こる場合

お腹が鳴って下痢も起こる場合は、医療機関を受診してください。

 

<過敏性腸症候群>

ほとんどがストレスで起こると考えられています。

自律神経の働きが乱れて、胃腸の働きにも変調をきたします。

 

<腸内の炎症>

腸内に炎症が起こると機能が低下してしまいその機能低下を補うように分泌液の量が増えてお腹が鳴りやすくなります。

  • 細菌
  • ウイルス
  • 食の習慣
  • アレルギー

などでおこります。

病気でない場合の一時的な対策

病気ではない場合の一時的な対策は、

  • 背筋を伸ばしてお腹に力を入れてください
  • 腹式呼吸をしてお腹を膨らませ一時的に胃の運動を抑制します
  • 合谷(親指と人差し指の付け根の間)を刺激する
  • 胃のうしろあたりの背中を叩いて胃の中にある空気を腸の方へ移動させる
  • アメやチョコを食べて一時的に血糖値を上げる