にきび (梅雨時)

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

ニキビができやすい原因

 湿度か高い時期は、細菌の増殖によりニキビが発生しやすく悪化しやすくなります。

 

 梅雨時は、皮脂の分泌量が多くなり、にきびができやすくなります。

 

 皮脂は外からの刺激から肌を守ったり、潤いを保つために大切ですが、分泌量が多すぎると毛穴に詰まりやすくなります。

 

 皮脂が詰まったままで放っておくと、アクネ菌が増殖し炎症が起こりにきびが発生してしまいます。

 

 毛穴に皮脂が詰まり過ぎると毛穴を押し広げてしまい目立ってしまいます。また、そこが汚れてしまったり参加して黒くなってしまうとチゴ肌(イチゴ鼻)なってしまいます。

 

にきびの種類と症状

化膿程度の低い白にきびから程度の高い嚢胞(のうほう)にきびまでありますが、程度の高いにきびは、早めに医師の診察を受けてください。

 

● 白にきび

肌に小さく吹き出てきます。毛穴はふさがっていて皮脂は外に出ていません。

 

● 黒にきび

毛穴が詰まって皮脂がたまり肌の表面に押し出され外気に触れて黒く変色しています。

 

● 赤にきび

白にきびに炎症が起こった状態で、小さくピンク色をしていて三角錐様に盛り上がっています。

 

● 黄にきび(嚢胞にきび)

中心部に黄色か白い膿があり、まわりが赤くなっています。

 

● 結節にきび

痕(あと)が残りやすく、赤にきびのように下腿突起物が出て、皮膚の内部(真皮)まで達していて広範囲に広がっています。

 

● 嚢胞にきび

バクテリアや角質・白血球などを含んでいて炎症と痛みを伴います。

結節にきびが進行して、膿が袋状に溜まっている状態です。