低体温

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

体調を把握するのに必要な目安のなるのが体温です!

一般的に健康な人の平熱は36.5℃ですが、36℃以下の人は「低体温と言われています。

低体温は病気ではありませんが、健康を維持する免疫力は1℃下がるだけで30%も低下し、ホルモンのバランスや血液の循環に悪影響を与えます。

その結果、冷え症胃腸の機能低下便秘肥満などのさまざまな病気を引き起こすので注意が必要です。

 

低体温の予防法と改善策

 体を冷やさない

 甘いものをとり過ぎない

 しっかりと睡眠をとる

 適度な運動をする

● 朝・昼・晩に栄養のバランスのよい食事をとる

 ダイエットなどで食事の量を減らし過ぎない

 

1日の中で最も体温が低いのは、朝です。

朝から冷たい水を飲むと体温が下がり過ぎるので、白湯(さゆ)を飲みましょう。

 

ビタミンEをとってください

低体温の人はビタミンEをとってください。

 

● アーモンド、落花生、かぼちゃ、アボカド、魚介などをとる。

油脂を使って調理すると吸収率が高まるので、炒め物や揚げ物がおすすめです。

 

● しょうが、赤とうがらし、ねぎを使って工夫して調理しましょう。

トマト、なす、きゅうりは熱を冷ます作用があるので注意して下さい。