疲れ目

【足利 なごみ整骨院】は、「笑顔と喜びの声250人以上で地域No.1」です。 「医師も推薦し通う整体」です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ 延べ30万人以上の施術実績です。 20時まで施術。「自律神経の乱れの調整」「からだのゆがみの調整」「交通事故の施術は無料」など、おこなっています。

「疲れ目」の画像です。

疲れ目をともなう目のトラブル・疾患は?

● 視力低下

1点を見つめることが多く、眼筋が動かないため衰え、その結果、視力が低下する。

 

● ドライアイ

涙の分泌量が減少し、角膜が乾燥する。その結果、角膜に供給させる酸素などが不足して異物感などが生じる。

 

● 白内障

加齢などが原因で、レンズの役割をしている水晶体が濁った状態になります。進行すると視界が暗くかすんだりしてきます。

 

● 緑内障

眼圧が上昇して目の神経に障害が起こることにより、視野の一部が欠けたり視界の異常が見られる。

 

疲れ目の原因は?

● デスクワークによる目の酷使

目のピント調節をおこなっている。毛様体筋が疲れる。

 

● 度の合わないメガネやコンタクトレンズの使用

毛様体筋が無理にピントを合わせようとするために生じます。

 

● 自律神経の乱れによる血流の悪化

目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量が減ることによって目の血流が悪化する。

 

● 老眼

40歳前後から始まる目の老化です。ピントを合わせようとする力が衰える。

 

疲れ目の日常生活での改善法は?

● パソコンやテレビから適正な距離を保つ

目線を下の位置に向け、パソコンのモニターからは40㎝以上離すようにする。

 

● 室内の明るさを適正にする

室内全体を明るめにする。パソコンの使用の際には、外の光がモニターに写らないようにカーテンなどで遮光する。

 

● 室内の湿度を調整する

加湿器を使ったり、ぬれタオルを干したりする。エアコンの風が直接目に当たらないようにする。

 

● 目に良いビタミンの摂取

ビタミンA・C・E・B群をとる。トマト・かぼちゃ・いちご・アーモンド・豚肉など…。

 

● 意識してまばたきの回数を増やし、涙の分泌を促す。