睡眠時無呼吸症候群

あなたの身体と心の健康をサポート致します。 医師も推薦し、通う「ゆがみ改善」整体です。 なぜ、からだの痛み不調がここまで改善するのか? 20時まで受付しています。 交通事故のケガは、無料です。

睡眠時無呼吸症候群は肥満が要因です!

睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠中に頻繁に呼吸が止まってしまいます。

太った男性に多いと思われがちですが、女性ホルモンの分泌が大幅に減る50歳以上の女性にも多いことがわかってきました。

心当たりがある方は、早めに病院へいって検査して下さい。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因は?

主な原因に肥満があります。

のどや舌などに脂肪が付いて、空気の通り道である気道が狭くなってしまうことで起こります。

睡眠中の激しいいびき、日中の強い眠気、起床時の頭痛は要注意です。

 

睡眠時無呼吸症候群を放置しておくと…?

放置しておくとしっかりとした睡眠がとれず、日常生活にさまざまな支障を引き起こすとともに、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を招く原因にもなります。

肥満予防を心がけて気になる場合は、早めに検査を受けておきましょう。

安眠効果を高めるトリプトファンはビタミンB6といっしょにとりましょう。

 

良質な睡眠をとるためには?

良質な睡眠をとるためには、脳内ホルモンのメラトニンセロトニンを増やしておくことが大切です。

この2つの分泌に関わっているのがたんぱく質に含まれるトリプトファンです。

魚、肉、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。

一日握りこぶし3つくらいの量を目安にさまざまな食材からとることを心がけましょう。

 

また、メラトニンやセラトニンの合成に欠かせないのがBB6で、トリプトファンといっしょにとると安眠効果が高まります。

鶏のささみ、牛レバー、卵、まぐろ、さんまには、この2つの成分が含まれているので効率よくとることができます。