脂質異常症

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

脂質異常症とは?

血液中のコレステロールや中性脂肪が多過ぎる病気を脂質異常症といいます。

遺伝子の異常や他の病気が影響して発症することもありますが、多くは食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満、運動不足などの生活習慣が原因です。

 

脂質異常症は初期には自覚症状がありません!

初期には自覚症状がないためそのままにしてしまいがちですが、放っておくと血管の動脈硬化が少しずつ進行して、心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な病気を招いてしまいますので注意が必要です。

症状がないうちから定期的に健康診断を受けるように心がけましょう。

検査で「脂質異常症の疑いがある」という結果がでたら、放置せずに早めに医師の指導を受けることが大切です。

 

脂質異常症の予防と改善法は?

脂質異常症の予防と改善には、身体にたまってしまった余分な脂肪を減らすことが第一です。

一日の食事は3回バランスよくとり、食べ過ぎないように適正な体重を維持しましょう。

肉類の脂には体の中のコレステロールを増やす性質があり、植物性脂肪や魚類の脂にはコレステロールを減らす働きがあります。

 

一日に一食以上は魚を食べるように心がけ、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含む野菜もしっかりととりましょう。

 

コレステロール値の高い人は?

コレステロールを多く含む卵黄・レバー・うなぎ・いかなどは控えるようにしましょう。

 

中性脂肪が高い人は?

糖質を多く含む果物やお菓子を控え、お酒も減らしてください。