肝臓の働き

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

肝臓は症状が現れにくいため定期的な健診が必要です!

肝臓は栄養の代謝や胆汁の分泌、アルコールや薬などの有害物質の解毒をおこなう臓器です。

肝臓の機能が低下してしまうと、栄養素の供給が滞ってしまい、さらに老廃物や毒物が排泄されなくなってしまうことにより、体内に蓄積されて悪化すると疲労感や倦怠感が現れます。

 

肝臓の機能の低下の主な原因は?

肝臓の機能の低下の主な原因は、生活習慣の乱れウイルス感染です。

アルコールの飲み過ぎや食生活の改善、ウイルス感染の予防に努めれば、肝臓の負担を減らすことができます。

肝臓は悪くなっても症状が現れにくいので、肝臓の機能に異常がないか定期的に検査をしておきましょう。

 

健康な肝臓を保つためには?

健康な肝臓を保つためには、1日3食規則正しく取り、食べ過ぎには注意しましょう。

たんぱく質は肝臓の細胞の再生のために重要な栄養素です。

必須アミノ酸をバランスよく含む、肉・魚・卵・乳製品をメインにして、大豆製品などの植物性たんぱく源もバランスよくとりましょう。

肝臓でおこなわれる3大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質)の代謝を促すためにもビタミンをしっかり摂ることが大切です。

 

アルコールの1日の許容量は?

日本酒なら1合、ビールなら中ビン1本、焼酎なら0.6合です。

くれぐれもとり過ぎには注意をしましょう。