顎関節症(がくかんせつしょう)とは?

笑顔と喜びの声210人以上で地域No.1 医師も推薦し通う「ゆがみ改善」整体です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ誘導するお手伝いをさせていただきます。 自律神経の調整もおこないます。また、交通事故治療は無料です。

顎関節症は?

日常生活での悪い癖(歯ぎしり・食いしばり)で起こってしまいます。

 

顎関節症の症状は?

● 口があきにくい

● あごがいたい

● 口をあけたときにカクカクと音がする

あごの痛みだけではなく、過度の歯ぎしりや食いしばりが長い間続いていると筋肉が疲労しすぎてしまいます。

そして、頭痛、肩こり、目の疲れ、手足のしびれなどの症状が出てきてしまいます。

痛みが強く重症になってしまうと口が開けづらくなり、食べることが困難になってしまいます。

ネコ背であごを突き出すような悪い姿勢にならないように気をつけてください。

また、ストレスも原因になるので適度な運動などもおこなってください。

 

顎関節症の食生活は?

栄養バランスの良い食事で、歯ごたえのあるものを左右の一方でなく両方でよくかんで食べてください。

そうすることによってあごのまわりの筋肉を鍛えることができます。

ハンバーグなどやわらかいものばかり食べていると筋肉が弱ってしまい顎関節症になりやすくなります。

 

ストレス時の栄養補給は?

ストレスがある方は、ビタミンB1やカルシウムをとりましょう。

 

<ビタミンB1を含む食品>

牛乳、ごま、豚肉、白米、そば

 

<カルシウムを含む食品>

小松菜、いわし、ヨーグルト