目の病気

【足利 なごみ整骨院】は、「笑顔と喜びの声250人以上で地域No.1」です。 「医師も推薦し通う整体」です。 心と体の不調を改善し、リラックス状態へ 延べ30万人以上の施術実績です。 20時まで施術。「自律神経の乱れの調整」「からだのゆがみの調整」「交通事故の施術は無料」など、おこなっています。

「目の病気」の画像です。

見え方の変化に気づく

目の病気は、見え方が普段と変化したことでも予想できるものがあります。

●虹彩炎(こうさいえん)

光がまぶしく感じます。

そのまま放っておくと、「緑内障」「白内障」になってしまうことがあります。

 

●網膜剥離(もうまくはくり)

視野が欠けていたり、小さなゴミのようなものが見えます。

視力の低下や失明につながることもあります。

 

●加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

50才頃から症状が出て、物がゆがんで見えます。

視野の中心が暗く、部分的に欠けて見えます。

原因は、加齢・欧米型の食事・喫煙・遺伝などです。

 

上記のような症状があったら、早めに眼科を受診してください。

加齢黄斑変性の予防法

加齢黄斑変性は加齢によって、老廃物をうまく消化できなくなることで発症するリスクが高まります。

ですから、老廃物をためないためにも緑黄色野菜をたくさんとることが大切です。

・ブロッコリー

・ほうれんそう

・小松菜

などがおすすめです。

 

また他にも、

<亜鉛を含む食品>

・牛肉

・カキ

 

<ビタミンEを含む食品>

・アーモンド

 

なども緑黄色野菜といっしょにとるようにしてください。